女の子

子供の頃から英語能力をつけておけば安心|小学生から学んでおこう

このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校入学前の準備

キッズ

幼児教室を選ぶ際には、まず小学校受験をするのか否かをハッキリさせてから考えましょう。受験をすると決めたなら、いくつかの幼児教室の資料を取り寄せたり実際に授業の見学や体験に行き、受験までの流れを把握して、慎重に決定したいものです。

もっと読む

情報を共有したいところ

ガール

小さいころからの教育はその後に大きな影響を及ぼします。できることなら知的好奇心を刺激して、才能を伸ばしたいところです。吉祥寺には十を超える幼児教室がありますが、お試し体験をおこなっているところも多いので、いくつか回ってみるのも一つの手でしょう。

もっと読む

子供の教育情報

女性

求められる国際化

現在小学校でも英語教育が行われていますが、実際どのような教育が行われているのか、そして今後はどのように変わっていくのか、ご存知でしょうか。現在は、小学校5年生、6年生を対象に、「外国語活動」という必須教科ではない形で行われており、内容は小学生向けらしく、挨拶、歌、ゲーム、会話練習、発音練習など、聞く、話すを中心に行われています。小学生の場合は、まずは英語に楽しく触れ合うことを目的に行われているようです。そして、今後については、2020年の東京オリンピックをめどに、対象を小学3年生からに、そして小学5,6年生については必修教科に格上げとする方針になっています。そのため、小学生の英語教育はこれからますます重要になってきます。では、家庭ではどのような学習をしていけばよいのでしょうか。

楽しみながら好きになる

小学校で英語学習が始まる前に、家庭でも英語に慣れ親しんでおきたい、という方は、まずは楽しみながら、勉強ではなく、遊びの一環として取り入れていくとよいでしょう。絵本、ゲーム、CD,DVDなど、お子様の興味が沸くものを使っていくと取り組みやすいですね。例えば絵を描くのが好きな子なら、色や描いたものを英語で言えるようになる、など。ご自身でどう進めてよいか分からない場合は、今は小学生向けの英語学習教材も多く出ていますので、利用してみるとよいかもしれません。しかしコミュニケーション言語である以上、やはり一番の上達のカギは、英語で対話することではないかと思いますので、親も積極的に英語を口にして、子供と会話できるような環境だと理想ではないでしょうか。

私立と公立どちらを選ぶ

女の子たち

福岡県の幼稚園は主に都市部には公立もありますが、他の地位では私立のみといったところも多いです。ですが、私立でも県や市町村から助成金がもらえたりするので、それほど負担にはならずに通わせることができます。お子さんにあった幼稚園を選びたいですね。

もっと読む